• ホーム
  • マンションとアパートの区別の基準って何?

マンションとアパートの区別の基準って何?

高級なマンション

国内で集合住宅といえばマンションとアパートで、この2つの違いを具体的に答える人は少ないかもしれません。
マンションとアパートを明確に区別する法律などの定義はなく、管理会社が建物の調査で使用する登記簿謄本に対して、建物の構造・階建て・面積などの記載以外は区別されないことがわかります。
この2つはあくまでも呼び方の一つとして取り入れられていて、法律ではなくどんな条件を持った物件をこのように呼ぶかという定義は扱う人の都合によるものです。
不動産登記簿謄本では、鉄筋コンクリートといった構造に関する表記がされているだけで、そのほかの区分はないとされます。
ハウスメーカーや不動産会社などの物件を取り扱っている企業がそれぞれの社内による規定にそって区別しています。
したがって企業ごとに対象となる物件が違うので、そこに注意が必要です。

とある会社では階数にかかわらず構造が鉄筋であればマンションで、木造はアパートと表記することがあります。
あるところでマンションとして取り扱われていても、違うところではアパートとして入居募集されてます。
これらのことから言えるように、家賃にもその区別に関しては全く反映していません。
3階建以上の建物になれば見た目では鉄筋か木造かの構造がわかりにくくなり、アパートよりマンションの方が人気があり入居募集に有利ということでマンションとして募集していることもあります。
鉄骨造り・重量鉄骨造でも2階建の場合は、全てアパートとして入居募集をしている会社も存在しています。
実際に物件を選ぶ機会があると、どんな点を基準にして選べば良いのか迷います。

アパートは家賃を抑えた家探しをしたい人に向いていて、顔が見えるご近所・大家付き合いも問題ないという人に推奨されます。
基本的に築年数・立地や広さなどのスペックで比較していくと、一般的にアパートはマンションよりも家賃が低めに設定されていて、望んでいる物件の中でもできるだけ安く住みたい時はアパートを選びます。
1棟の世帯数も少ないので、小さな界隈が好きな人や近所・大家付き合いも苦にならない人に向いていることが言えます。

マンションは近所付き合いの優先度がかなり低く、静かに暮らしたい人や人付き合いが煩わしいという人に向いています。
防犯性・住宅設備も充実していることから、生活のレベルを上げたい人にも向きます。
選ぶ基準は人それぞれで自分にあったものを、合理的に選んでいくことが理想と言われています。